設備シャフト(PS・EPS・DS)の計画

24e299c7c5ac01f6ccf594a23343174d

 本課題では要点記述に設備関係の問題が無いことから、設備計画をアピールできる要素は空調機械室と設備シャフトの計画のみとなります。このことから設備シャフトの計画は重要な要素だったと考えられます。PS(パイプシャフト)を1か所も計画していない図面は全ランクで2割程でした。DS(ダクトスペース)を1か所も計画していない図面はランク1とランク3が1.5割、ランク2は0.5割でした。EPS(電気設備シャフト)を1か所も計画していない図面は はランク1で2人 ランク2で4人 ランク3で6人と極少数でした。
 なお翌年の令和元年度設計製図試験「美術館の分館」と令和2年度「高齢者介護施設」の合格基準等で欠落不合格要求室の中に「PS・DS・EPS」が含まれていることから PS・DS・EPS を計画していない場合は不合格となるので要注意です。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました