建築計画(問題文に記載されていない建築計画的常識)

ここからは問題文には記載されずとも建築計画的常識からの条件を対象とした減点項目を解説していきます。

5306b8ec77c358d47ea87f0846ae06ad

履き替えスペースが計画されて無い

 スポーツ施設は基本上足で利用することから大抵の施設には出入り口付近若しくは更衣室に靴の履き替えスペースがあります。本課題では要点記述でも3問目で「利用者の靴の履き替え等を考慮した、各部門のゾーニング及び動線計画について特に考慮したこと」を問われていることから下足入を図面に記載していない場合は要点記述との整合性からも減点になった可能性があります。集計では下足入若しくは履き替えスペースを図面に記載していない図面はランク1と2では1割程度、ランク3では5割近くも居たことから減点度合いはそれなりに高かったと思われます。

温水プール室と更衣室Aが同じ階で無い

大抵の屋内プールがあるスポーツ施設では更衣室から直接プールへアクセスできる施設がほとんどですが、たまに更衣室で水着に着替えてから階段若しくはEVで上階のプールへ移動するという施設も見かけます。正直不便なので避けたいところですが計画上やむなくプール室と更衣室を別階で計画した方が一定数居ました。以下の図面はランク1(合格)図面ですが、2階の更衣室Aで水着に着替えて専用の階段・EVで1階の温水プール室へ行き来する計画となっています。このように温水プール専用のEV・階段を計画しなければならない為、経済的観点からも減点になったと思われます。しかし他の減点要素に気を付けていれば一つの計画手法として問題は無かったと考えられます。

厨房から東側道路若しくは北側駐車場への搬入経路が確保されてない

「厨房から道路もしくは北側駐車場への配慮」は資格学校でも以前から死守条件と言われてきました。過去の標準解答例のレストラン+厨房は全て厨房からサービス用駐車場までの動線が配慮されています。平成24年から「地域図書館」にて「カフェ」が初めて出題され、標準解答例②ではカフェの調理コーナーは全くサービス用駐車場へのアクセスに配慮されてませんでした。このことから「カフェ」の調理コーナーはサービス用駐車場への配慮は不要とされてきました。今回の課題ではカフェ+厨房という今までにない形式で出題されている上、サービス用駐車場の設置指定がありませんでした。このことからカフェの厨房は北側の駐車場へのアクセスに配慮すべきかの判断が必要でした。実際全ランクの大半が厨房を北側駐車場へのアクセスに配慮しています。おそらく「厨房」という名前に慎重になった為と思われます。標準解答例を見ると①では全く北側駐車場へのアクセスに配慮されて無いことから減点要素でないことが伺えます。このことからカフェが要求室とされた場合は厨房設置が指定されたとしてもサービス用駐車場に配慮しなくても良いと考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました