平成30年度添削項目毎の該当数集計結果

このページでは平成30年度本試験のユーザープランニングにて集めた提出図面144枚を添削・集計したことによって得られた筆者なりの考察を解説していきます。
集計対象人数の各ランクの内訳は以下の通りです。

ランクⅠ:53人
ランクⅡ:48人
ランクⅠ:38人


以下からは上記の集計表による各分野の解説と集計結果から導き出した筆者の考察を解説します。
以下のリンクから各項目の解説ページに飛びます。

建物へのアプローチ(西側桜並木・周辺施設へのアプローチ 職員用出入口のアプローチ)

要求室の欠落 その1(合格基準対象の要求室の欠落)

要求室の欠落 その2(合格基準対象以外の要求室の欠落)

要求室(床面積指定有り)の床面積の計画

要求室(床面積指定無し)の床面積の計画

要求室の条件

要求室の家具・備品等の記載

特記記載事項の記載(防火設備・延焼ライン避難経路等

設備シャフト(PS・EPS・DS)の計画

断面図の不整合・基礎の計画

建築計画(問題文に記載されていない建築計画的常識)

構造計画( 問題文に記載されていない構造計画的常識 )

要点記述の記載

ランク1(合格)図面には見られなかった減点項目

ここからは集計表とは別に筆者が添削している中で気付いたランク1(合格)図面には見られず、ランク2・3のみに見られた計画要素を個別に解説します。上記に記載した集計内容の解説ははランク1(合格)図面を含めた考察で、 各リンク内で解説している減点項目は「減点度合いは高いかもしれないけど、これだけで一発失格とはならない程度だよ!」と筆者は解釈しています。
 以下に記載する減点項目は「不合格図面のみが犯したミス」という事で、一発失格に繋がるくらい減点度合いが高いと筆者は解釈しています。
 参考までにご覧ください。

キッズ用プレイルームが無窓居室

ダンススタジオ内に柱が設置されている

建物の全体的な形状が歪

不自然なゾーイング・動線計画~その1

不自然なゾーイング・動線計画~その2

敷地の無駄なスペースが広い

コメント

タイトルとURLをコピーしました