R1年度本試験解説

R1年度本試験解説

要求室の計画条件

本課題の要求室は「天井高は3m以上」という条件を部門を跨いで出題されてます。また「教育普及部門」の中に更に「展示関連諸室」と「アトリエ関連諸室」とグループ分けされてます。各要求室の条件も多めに設定されてるので、各グループに分けて解説してい...
R1年度本試験解説

留意事項・断面図・記載特記事項

留意事項 本課題の留意事項に「公園への眺望に配慮」と有りますが、本敷地は南側と西側に公園が広がっています。なので完全に「公園への眺望に配慮」してない計画は見受けられませんでした。 (幅3m未満しか公園に向けてない計画も見受け...
R1年度本試験解説

屋外施設

今回の課題で重要な要求室の一つとして屋外施設である「屋上庭園」があります。「屋上庭園」課題発表時から出題内容を発表されていたので、かなり配点が高い要求室だったと考えられます。 それだけ重要な要求室であったことから、ほとんどの方が大...
R1年度本試験解説

要求室の欠落 (合格基準対象の要求室の欠落)

令和元年度合格基準等に記載されている「計画されてないと一発不合格室」は「多目的ホール」、「ホワイエ」、「展示室A」、「展示室B」、「展示室C」、「市民アトリエ」、「アトリエA」、「アトリエB」、「アトリエC」、「アトリエD」、「吹抜」、「...
R1年度本試験解説

令和元年度添削項目毎の該当数集計結果

このページでは令和元年度本試験のユーザープランニングにて集めた提出図面83案を添削・集計したことによって得られた筆者なりの考察を解説していきます。集計対象人数の各ランクの内訳は以下の通りです。 ランクⅠ:46案ランクⅡ:11案ランク...
R1年度本試験解説

「多目的ホール」設置位置

本課題で最も大きく、使用対象人数が最も多い 要求室は「多目的ホール」でした。動線計画・床面積のボリューム計算の点からも何階何層で計画されたかの案数を知ることで、王道に近い計画を作成する上での参考になると思います。以下に「多目的ホール」の設...
R1年度本試験解説

「令和元年度製図試験『美術館の分館』分析の解説」

皆様こんにちは。こちらでは令和元年度一級建築士設計製図試験「美術館の分館」の不合格要因を筆者なりに分析・考察した内容を解説します。分析の対象となる図面は 令和元年度 のユーザープランニングで集めた83案の本試験提出図面となっています。ラン...
R1合格図面

合格(ランク1)図面~その⑥(多目的ホール3階設置)

以下の図面は多目的ホールを3階に設置した計画です。(極少数のパターンでした)空間構成も整っていて模範解答例に近い図面となっています。
R1合格図面

合格(ランク1)図面~その⑤(多目的ホール2階設置)

 以下の図面は多目的ホールを2階に設置した計画です。空間構成も整っていて模範解答例に近い図面となっています。
R1合格図面

合格(ランク1)図面~その④(多目的ホール2階設置)

 以下の図面は多目的ホールを2階に設置した計画です。空間構成も整っていて模範解答例に近い図面となっています。
タイトルとURLをコピーしました