何故不合格を繰り返すのか!?一級建築士製図試験の不合格要因を徹底分析

一級建築士設計製図試験 徹底分析

 皆様こんにちは。こちらはこれから一級建築士を目指し、2次試験である製図試験を受験予定の方に向けたブログとなっております。
筆者は令和元年に一級建築士を取得しましたが、実はそれまで製図試験で角落ち(3年連続で不合格して再度学科から受験する)を経験した元ダメ受験生です。
 そんな私が言うのもなんですが一言、この試験は勉強と練習だけしていれば勝てる試験では無い!」ということです。本ブログはそんな元ダメ受験生だった私が「自分みたいな受験生を生み出さない!」為に投稿したものです。「そんなに落ちてる人の意見なんか参考にならないわ!」と思う方もいると思われますが、そんな方はこのトップページだけでも目を通していただけると幸いです。
 本ブログは2次試験である製図試験のみの解説となります。(いずれ学科試験の方も作成予定です。)

一級製図試験とはどんな試験か?

 一級建築士試験は一次試験の学科試験が7月に行われて9月に合格者が発表され、2次試験の製図試験は10月の第2日曜辺りに製図試験が行われます。毎年およそ10000人程の方が受験し、そのうち4割ほどの方が合格されますが、3年以内に合格できなければ、再度学科から受験することになります。

受験者数合格者数合格率
令和2年11,035人3,796人34.4%
令和元年 5,937人
4,214人
2,030人
1,541人
34.2%
36.6%
平成30年9,251人3,827人41.4%
平成29年8,931人3,365人37.7%
平成28年8,653人3,673人42.4%

 7月の学科から受験され、合格された方(以降 「学科合格組」と呼ぶ)には勉強時間が実質2か月半程しか勉強時間がありません。にもかかわらず、平成26年度の調査では製図試験合格者の中で学科合格者組の割合は 35%~40%となっており、再受験組(2年目・3年目の受験者)の合格者の割合は45%~50%でありまし た。このことから学科合格組と再受験組の合格率の差はおよそ10%程度しか差が無いということが分かります。これは勉強時間をたくさん確保できるからと言って確実に合格できるではなく、短い時間でも コツをつかんでいれば十分合格できるということを表してます。  

不合格の要因を徹底的に追及する (再受験の方はこちらから)

 製図試験で惜しくも不合格となってしまった方は、まず「どうして自分が不合格となってしまったのか。」理由を追求することが次回の試験の合格への近道となります。
 その敗因を追求する方法は他受験生の図面と自身の図面を徹底比較することです。
自身の図面と他受験生の図面を比較することで、合格図面に有って自分の図面には無い要因を見つけられ、自身の不合格となった要因が見えてきます。


 他受験生の方の図面はウラ指導さんが主宰しているユーザープランニングに参加することで入手できます。このユーザープランニングは自分の答案図面を他の参加者に公開することで他の参加者の答案図面をダウンロードすることができます。
 以下はユーザープランニング公開図面の一例になります。

 こちらは参加は無料の上、営業電話やメールは一切来ません(そもそも営業部というものがありません)ので安心して参加してください。惜しくも不合格となった方はできるだけ早めに参加されることをお勧めします。
また比較するだけでは漠然とした要因しか分かりません。具体的な不合格要因は各図面を一枚一枚添削していくことで見えてきます。以下のページでは各図面を添削した内容を集計するエクセルツールを配布していますので、是非ダウンロードして説明文に従って活用してください。

 添削結果をランク別に比較することで、どの項目が減点度合いが高かったのかが見えてきます。
以下のページでは筆者が不合格となった平成30年度「健康づくりの為のスポーツ施設」を上記のエクセルツールにて添削・集計・分析した結果を解説していますので、自身の不合格要因の追及の参考に役立ててください。


 私の場合は当時の合格図面を見て「こんなんで合格できちゃうの!?」と驚いたのを思い出します。 私も角落ちする前は資格学校に通ってましたが、そこでは不合格になっても他受験生の合格図面を検証する機会が無かったので、てっきり「合格する人はきっと完璧な計画の図面を作成したに違いない!」と思い込んでました。しかし、それは大きな間違いであることに気づきました。
 このユーザープランニングに参加して「不合格図面と合格図面は紙一重」ということに気づいてください。そして次こそは合格を勝ち取ってください。

過去問の研究 (初受験の方はこちらから)

 初受験の方は勉強機関が2カ月半ととても短い上に、製図の書き方から学習する必要がある為、再受験組(2・3年目)と違いとても負担が多いです。そんな初受験の方にとって最も効率の良い学習は過去問の研究です。建築技術教育普及センターの公式ホームページにて過去8年分の課題文・答案用紙・標準回答例がダウンロードできます。
 なぜ過去問の研究が重要なのかというと、過去本試験にて出題された課題には必ずその年の課題にしかない条件(爆弾条件)があります。その年の特有の条件を研究していけば次の本試験の爆弾条件のレベルが把握でき、本試験での心構えができます。 
 本試験課題には独特の言い回し・用語の意味・対処方法(ローカルルール)が存在します。例えば「公園から直接アプローチできるようにする」と「公園からの動線に配慮する」では意味が似ているようで違います。前者では対象の室から直接出入りする必要があるので公園が1階にあれば対象室は必然的に1階指定ということになります。後者は公園から何の障害もなく対象の室に行ければ問題ないということで、公園から廊下とEVや階段で繋がっていれば2階でもOKということになります。このように本試験独特のローカルルールをしっかり研究することで本試験でも似たような表現が出題された時に「この出題者は何が言いたいのか?」が分かるようになります。
 また標準解答例は試験元が「こんなレベルでOKですよ!」というメッセージが込められてます。他受験性の合格図面もそうですが標準解答例も完成度がそこまで高くありません。
 過去8年分程の本試験課題を全てダウンロードして、爆弾条件・標準回答例・ローカルルール等を徹底的に研究してください。


しかし8年分の過去問を2カ月半で研究することは無理ゲーです。過去問の研究対象は2~3年分で十分と思います。本ブログでは 平成30年度「健康づくりの為のスポーツ施設」 と令和元年度「美術館の分館」(12月試験日)の試験問題・合格基準・標準解答例を解説していますので是非参考にしてください。

まとめ

 ここまでで製図試験の再受験者と初受験者に分けて初期の学習法を解説しました。

再受験者:他受験生の図面と自分の不合格図面を比較する。
     他受験生の図面を添削して不合格要因を具体的に把握する。

     自身が不合格となった原因を解明する。

初受験者:過去の本試験課題を研究する。

 製図試験は課題発表されてから本試験までの期間がとても短いので、一分たりとも学習時間を有効に使うために効率よく学習したいものです。
再受験の方は課題発表までの期間で不合格要因の追及や過去問研究、作図時間の短縮、エスキスの練習に努めて腕に磨きをかけておきましょう。そして次こそは合格を掴みとりましょう!!
 初受験の方は学習機関がとても短いですが、先も申した通り「学科試験からの合格率と再受験での合格率は10%程の差しかありません」。合格のコツを掴んでいれば一発合格は十分可能ですのでがんばってください。


 
筆者は角落ちの前は資格学校に通ってましたが、通学は私には合いませんでした(言い訳かもしれませんが)。角落ちしたときはお金が無かったので独学でやっていくことを決めて本屋で過去問と参考書を探してました。その時に本棚の中に一冊だけあった「一級建築士受験 合格者たちの勉強法」という赤い本を手に取ったことがウラ指導式勉強法の出会いでした。それまでは一級建築士試験の勉強は資格学校に通わないとダメ!と思い込んでましたが、独学でも十分可能ということをこの本を読んで知り、「もっと早く気づけば良かったのに」と後悔したのを覚えてます。
皆様は決して私のようなダメ受験生を反面教師として最短合格を目指してください!!

タイトルとURLをコピーしました